マイホームの巾木の色選びで少し後悔

自分の家を語るにあたって、「マイホームの自慢ポイント」よりも、どうしても「マイホームの後悔ポイント」の方が浮かんでしまいますよ。もちろん全体的には自分の家はとても気に入っています。注文住宅で一戸建てマイホームを建てていますからね。ですからだいたいは自分の気に入っているところですよ。

しかしやっぱり後悔ポイントはあるのです。細かいところに関しては結構たくさんありますね。たとえば、「巾木の色」にしてもいまだに「うーん、本当にこの色の巾木がベストだったのかなー」とか思いますよ。

わが家のキッチンは壁の色が透し模様入りのオフホワイトなのですが、巾木がこげ茶色なんですよね。なんというか、こげ茶の色味がオフホワイトの壁紙に対して、主張しすぎているほどにきつい色に思えてしまって、それで「うーん、この色のチョイスで良かったのだろうかー」と思ってしまうというわけです。

パソコンの画面なんかでシミュレーションができたら良かったのですけれどね。すべてカタログを見て、組み合わせを想像しながらの選択作業でしたからベストチョイスができていないのかも知れないーとはいまだに思ってしまいます。