一戸建てを建てるのもすべては「縁」次第

家を建てようと、ものすごく強い気持ちで決心したというよりは、「タイミング」です。いや、「タイミング」というよりは、「運命」とでもいうべきでしょうか。「運命」というと壮大な印象になりますので「縁」という表現にしておきます。

静岡県に注文住宅でマイホームを建てることになったのって、私たち家族の場合は本当に「縁」のようなものがあったからというものなのですよね。もちろん、子供がいる家庭ですし「マイホームが欲しいなー」とはずっと思っていました。

しかし裕福な家だというわけではないですし、それに当時子供は未就園児でしたので、そこまでマイホームを建てようという気持ちはなかったのです。しかし「縁」はやってきたのです。その縁は「土地」です。親戚から、私たちにとっては、とても立地条件の良い土地を買わないかという話がやってきたのです。

そこからはもう、とんとん拍子にマイホームへと話が進んでいきました。旦那は安定職だということもあり、住宅ローンの審査もスムーズで、そして工務店もスムーズに決まりましたね。ですから、マイホームを建てるにあたっては「縁」が重要だと、自分の経験から感じます。